J-FiT WomensFitnessGym

ダイエット 成功のヒケツ

今日は朝からたっくさん洗濯物を干してきたのに、何だかお天気悪いなぁ~・・・

ちゃんと乾いてくれるのかしら!?



さて、先月ダイエット宣言をした店長ですが、思うように落ちず焦っています・・・

こんなに落ちにくくなったのは、筋肉が落ちて基礎代謝量が下ったからでしょうねー

とはいえ、ちょっと真剣さにかけるところもあるかも(^^;;;

反省



宣言した以上、ちゃんと「ダイエット」に取り組んでいかなければなりませんね!

そこで、今日からダイエットのポイントについてお話していくことにしましょう



ダイエットに取り組む信念を持ち続けること。 

やせられない人はいません。

要は、継続できるかどうかです。

継続するためには、目標を強く持ち続け意識的に自分の目標を再確認しましょう。ムリな目標、ムリな頑張りは長続きしないので、適度な柔軟さをもって臨みましょう。


食事と運動のコントロールが成功のカギ。 

ダイエットするには、運動や生活で消費する消費エネルギーを食事でとった摂取エネルギーよりも多くすることが必要です。

食事制限のみのダイエットは脂肪と一緒に筋肉など他の必要な部分まで落としてしまいます。

また、運動だけで食事のカロリーオーバー分を消費するのはとても大変なことです。

食事と運動の両面をうまくコントロールして、徐々に脂肪を落とし、また、太りにくい体質をつくることが大切です。


極端に食べる量を少なくしないこと。 

極端な食事制限は、生存本能から身体が飢餓状態に備えて、太りやすくやせにくい体質を作り上げてしまいます。

加えてストレスなどからリバウンドを起こし、ダイエット前より悪い体質になってしまうことがよくあります。

ビタミン、ミネラルも身体に必要な栄養分です。

カロリーを極端に減らすのではなく、糖質、脂質、たんぱく質の摂取量バランスを整えて、ビタミン、ミネラルをたっぷり摂ることがダイエットの近道なのです。


自分の適正体重を知り、自分の生活リズムに合わせたダイエットプランを立てること。

標準体重=身長(m)×身長(m)×22 

適正体重まで減量し、維持することで、生活習慣病の予防となります。

生活スタイルは個人でさまざまですが、起床、就寝、食事時間、運動時間のリズムを整えて無理のない良い生活習慣をつくりましょう。


自分の適正エネルギーを知る。

1日の適正エネルギー量(kcal)=(標準体重)×(20~25)←ダイエットの場合


エネルギーの摂りすぎは肥満を招きます。

消費エネルギーより摂取エネルギーが多いと太ります。

いったい、自分がどのくらいのエネルギーを必要としているのかを知ることが大切です。



今日はここまで

明日は祝日だし、食べすぎ飲み過ぎに注意ですよ~!!自分(笑)
[PR]
by j-fit__womens | 2010-11-02 12:24 | ダイエット

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな