J-FiT WomensFitnessGym

脂質のお話ぱーと2

おはようございます
てんちょうは、朝からまるちゃん動画を見て、心癒され、今日も一日頑張ろうと気合を入れたのでした(*^~^*)

ぜひ『引越しとねこ』で検索して見てみて☆
落ち込んだ時や、やる気の出ないとき、元気をだしたいときは、まるちゃんに限る!!p(*^-^*)q


今日から三日間、清水五条では『五条坂 陶器まつり』が開催されます
まだまだお店は準備中ばっかだけど、夜には人で溢れかえるんだろうなぁ(×_×;)

一昨年は、初の陶器まつりで『びりけんさん』を衝動買いしました(≧∇≦)/ (最近お願い効いてくれない・・・)
昨年は、お客様とゆかたでフォトコンテストに出場するも見事落選(-ω- )
今年はこれと言って行く予定にしていなかったけど、会員様が出店されてると言うことで、今夜チラッと覗きに行ってきます

そして今夜は琵琶湖の花火大会なんですよね・・・・
てんちょうはびわこの花火大会に一度も行ったことが無い(..、)

実はてんちょう花火好き!
というか祭り好き!!
というか宴会好き(笑)

でもねー年が経つにつれて、行く相手がいなくなってくるよねー。。。
(友人に彼氏が出来たり子供が出来たりってこと)

でも いいんです。
今は仕事盛りやから。花火なんてあと10年後でも見れるしね・・・・・・・・・・・・・・・(T^T)



さて、昨日の脂質のお話の続きと参りましょう

■脂肪酸
体を動かすための直接のエネルギー源として利用されます

動物性脂肪:植物油:魚類の油=4:5:1の割合になるのが、バランスがいいです
飽和脂肪酸:牛豚脂・バター・ラード・乳脂肪など固体のもの
不飽和脂肪酸:オリーブオイル・サラダオイル・胡麻油・菜種油・胚芽油。青魚の油

■中性脂肪
中性脂肪は、非常時のエネルギーのために体内に蓄積されている大切なエネルギー源

内臓脂肪:内臓にまとわりついている脂肪のことです
皮下脂肪:皮膚の下についている脂肪のことです
血中脂肪:血液の中に溶け出している脂肪のことです

■コレステロール
細胞膜を作り、筋肉を作るホルモンの材料となり、栄養を吸収する胆汁酸の原材料となるもの

善玉コレステロール:余分なコレステロールを回収し、動脈硬化を予防します
悪玉コレステロール:体内にコレステロールを供給し、増加すると高血圧や動脈硬化の原因となります

■リン脂質
リン脂質は細胞膜や脳の組織の構成成分です。

前回も簡単に言いましたが、脂肪の役割はこんなにたくさん

●生体膜の成分としての働き。
●脂溶性ビタミンとしての働き。
●皮膚を保護するものとしての働き。
●身体の体温を保つための働き。
●エネルギーを貯蔵する目的としての働き。
●基礎代謝を活性させコントロールするホルモンとしての働き。
●血圧、体温、筋肉の動きをコントロールするものとしての働き。


現代の日本人は、どちらかというと脂質を過剰摂取している方が多いようです
脂質の過剰摂取は、動脈硬化などといった生活習慣病につながります

脂質をとり過ぎれば、そのまま脂肪となって体に蓄積されます
しかしながら、脂質が不足すると、肌のトラブルや便秘などの原因にもなるのです

さらに、脂質そのものは細胞膜・血液などの成分となる大切な働きがあることから、過剰摂取しすぎても不足しても問題があることから、しっかり自分に合う量の脂質を摂取する必要があるということを頭に入れておきましょう!!



今日は金曜日ですね♪
早いところは明日からお盆休みかな!?

今日もみなさん良い1日でありますように☆
[PR]
by j-fit__womens | 2009-08-07 10:47 | 健康

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな