J-FiT WomensFitnessGym

涙のちから

昨日のブログで「折りたたみ傘は必須」って言っておいて、傘を持たずに外に
出た私は、本日2回も雨に降られました~(;_;)

どちらもそんなに濡れたわけではないのですが、昨日といい今日といい
外に出ると雨が降る?「私って雨女!?」なんてちょっぴり思ってしまいました(^^;;


そうそう、今朝駅から階段を上がってくると、パトカーが停まっていたので
「鹿の次は何!?」と思ったら、交差点で車が事故を起こしていました(>_<)
川端通の反対車線のガードレールに思いっきり突っ込んでいて、残念ながら廃車状態

けどけが人はいなさそうでヨカッタヨカッタ。。。
皆さんも安全運転を心がけてくださいね~(^^;
この梅雨の時期、安全のためにタイヤの溝のチェックとローテーションを実施しましょう☆


今日は最近出会ったステキなエッセイを皆さんにご紹介
ちょっと長いけど、ぜひ読んでみてほしいな。。

「涙のちから」
涙は誰もが持っていて、不思議なパワーをもっているもののひとつだと思う。
僕は泣いている人を見ると無性に抱きしめたくなる。特に、声を殺して涙ばかりをぼろぼろと落としてる人はほっておけない。
単なるおせっかいなのかもしれないけど、せめて傍で自然に泣き止むのを待っていてあげたい。
涙を流す原因、理由は人それぞれで、悲しみや苦しみ、淋しさや虚しさや悔しさ。いずれにせよ、涙を流している時は心がむき出しになってる様な気がする。傷口がばっくりとなかを覗かせてるように。
だからこそ、抱きしめて冷たい風や視線から護ってあげたいなんて思ってるのかもしれない。

泣く事を嫌う人がいるけど、僕は嫌いじゃない。勿論、好きとは言えないけれど。
それでも泣きたいと思った時には殆ど、平常心を失ってる事が多い。なぜなら、どうしようもないことにぶち当たったり、出口が見当たらない時にこらえていた涙腺が緩んでしまうからだ。迷子になってしまった子供のような心境で混乱している。
だからそんな時は号泣療法で、平常心を取り戻せるのを待つ。
号泣療法とは、その名の通り、泣く。泣いて泣いて、泣きまくる。
これでもか、というくらい泣いく。本当にどうしようもない時は子供の頃のように声を上げて泣いたりもする。
段々疲れてきて、取り乱していた感情が落ち着いて来ると、自分を抱きしめる自分に逢える。
すっきりしている自分に逢える。
深く深呼吸すると変にいろいろ気になって「あ、ティッシュがなくなりそう」なんて思えたりして。そんな自分にちょっと笑っちゃったり。それでもなんか引っかかってたら、2回戦だ。そのうち穏やかな自分に逢えるから。
少し、自分が好きになれたり、自信がもてたりする。そして、疲れであくびがでたら、眠ってしまおう。次の日にはきっと笑える。
確かに感情を乱した原因がどこかにある筈で、それを乗り越えなければ解決しないけれども、そのためには冷静に考えることができる状態にもっていくことも必要だと思う。
これが、号泣療法と、僕が勝手に名づけた方法。

涙の数だけ強くなれるとか、綺麗になれるって言われるのはきっと、こういうことなんだと思う。
でもね、一人じゃ這い上がられないほど弱ってしまった時は、電話でもして付き合ってもらおう。誰もいなかったら、僕が聞いてあげるよ。(ただし、女の子限定(笑))
「涙」という字は「流して戻る」と書く。涙を流してすっきりしたら、笑顔が戻るってことなんじゃないかな?って、僕は信じてる。
雨が止んだら、雨雲が去ったら、晴れて青空が見える様にね。
「涙は心の汚れを流してくれる」とも言うし、混乱して取り乱した心から、余計なものを取り除いてくれるのかもね。

小さい頃は「泣くのはいけない事」といった感じで育てられたけど、痛みを我慢して泣くのを我慢する方がずっと、心にも身体にも悪いと思う。
誰だって弱くて誰だって傷ついたり悩んだり迷ったりしてるんだから。
それが人間の愛しいところだと思うから。せめて自分にだけは素直になれる自分を見つけたい。
あれは駄目、これも駄目なんて、自分で自分をいじめてたら、もてる自信も消えちゃうから。

涙は僕にいろいろな事を教えてくれる。何かを失ってしまった後で、大切さを気づかせてくれるのも涙だ。前にも言った様に、楽しい事の大切さや、かけがえのないものが、自分にとってどれだけ必要かは涙を流した時に気がつく。
楽しかったから、失くしたら悲しくて涙が溢れる。当たり前にあったものでも、失くしてどうしようもなく涙が溢れて、その存在の大きさに気がつく。
そして、涙が、僕の心に刻むんだ。
「同じ失敗をくりかえすな」って。それでも繰り返しちゃうけどさ(^^;

そして、泣いて泣いて乗り越えて、また少し強くなれた気がする自分に出会える。
涙には不思議なパワーがある。
だから僕は、泣くのは嫌いじゃない。


他にもステキなエッセイがあります。興味のある方はぜひ一度覗いてみてください♪
http://pine.zero.ad.jp/NORA_NEKO/reki/namida.htm


http://www.j-fit.net/
[PR]
by j-fit__womens | 2007-06-26 21:44 | その他

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな