J-FiT WomensFitnessGym

アーユルヴェーダーって その2

昨日の天気予報ははずれた。。。

パン買いに行けたなぁー・・・

残念



そういえば、パンネタが二つあるのにupしてない

たま木亭リベンジと西院のkikiさん

また近々upしま~す(って、もう結構前なので忘れてる・・・






さて、アーユルヴェーダの続きに行きましょう。


アーユルヴェーダは、治病医学としてだけでなく、日常の生活法の重要性を説き、人間の体質に応じた生活法を実践することによって、健康の維持・増進を目指しています。

この日常の生活法は、生活習慣(ライフスタイル)と食事法、心身調整法(運動、ヨーガ、呼吸法、瞑想法、入浴、オイルマッサージ)の3つに分けられているそうです。

アーユルヴェーダの生活習慣は、ディナチャリヤ(一日の過ごし方)と呼ばれ、体質に応じて、起床時間と睡眠時間、そして労働時間からなりたつ一日のフレームワークの中に、朝、昼、夕に適した食事法、心身調整法をうまく取り入れことによって、ドーシャ(3つの生命エネルギー)をバランスさせ、オージャス(活力エネルギー)に満ちた生活ができるようになると。


専門用語が多いですね・・・(_ _;)


アーユルヴェーダでは人はドーシャ(基本エネルギー)によって作られていると考えられており、ドーシャのバランスによって人格(性格)や・体つきなどが決められ、それらのバランスの崩れた時に心や体の健康を損なうと言われています。

人は受精の瞬間に どのドーシャをたくさんもってうまれるかが決定し、この割合は一生変化することはないそうです。

そして、どのドーシャが優勢かによって「ヴァータ体質」、「ピッタ体質」、「カパ体質」、がきまります。


アーユルヴェーダでは宇宙に存在する空・風・火・水・土の5大元素が組み合わさって、ドーシャと呼ばれる3種類の生命エネルギーが形成されていると考えてられています。

風に象徴される「ヴァータ」は風のように動き、火に象徴される「ピッタ」は 火があらゆるものを灰に変えるように変換を司ります。

水に象徴される「カパ」は 水がいろいろなものをくっつけるように結合させて維持させる働きをします。

この3つのエネルギーをドーシャと呼び 人体も含めて宇宙にある全ての現象はドーシャの働きであるとのこと。

インド医学には、この風、火、水のバランスこのバランスこそが健康の維持に欠かせないものなんですね。



奥が深そう~

字を読むだけではなかなか理解できない所もありますが、美容と健康へのヒントがたくさん詰まっている気がします(^^)

恐るべし、インド
[PR]
by j-fit__womens | 2011-06-20 19:36 | 健康

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな