J-FiT WomensFitnessGym

五月と言えば。。。

今日も花粉のおかげで鼻ズルズルな店長です(^^;;

なんか、暑いのか寒いのか中途半端な気温ですよね~

冬布団も暑いような、でも変えるには朝方は寒いかなぁ。。。

町家からマンションに移って、まだ感覚がわからない(笑)

GWには全て片付いている予定だった我が家・・・

結局GWも出っ放しで片付きそうにない(;^ω^A

おかぁちゃ~んHELP ヾ(@† ▽ †@)ノ






さて、今日で四月も終わり、明日からは五月

この季節、やっと花粉症を乗り越えたあたりで騒がれはじめるのが、いわゆる「五月病」

GWの長い休みに入ると、ふと頑張り過ぎてた四月の自分から開放されてそのままやる気がフェードアウト・・・したりなんかしてね

五月病という言葉はご存知の通りよく知られている言葉ですが、実は医学用語ではなく、決まった定義や概念があるわけではないのです。。。


一時的なものだから…と油断していると、どんどん症状が重くなり「うつ」につながることも…d ( ̄ ・ ̄)

早めのケアが肝心です

自分なりのメンタルケアでストレスを大きくため込まないことが予防策でもあり、解決策でもあります


食生活が乱れてしまうことも五月病・六月病に影響することがあります

ビタミンは、元気!根気!生気!を高め五月病に打ち克つキーポイント!

やはり、ごはん・肉or魚・野菜とバランスのとれた食事を心がけたいですねヾ(°∇°*)

ストレス解消やハッピーホルモンの分泌に役立つ栄養素もあるので、食事で不足しがちなものはサプリメントで補うのも良いでしょう


1.パントテン酸は抗ストレスのビタミン(鶏レバー、子持ちがれい、納豆、鶏肉)

2.ビタミンB6は神経の働きを正常に保つ(かつお、まぐろ、バナナ、さつまいも)

3.ビタミンB12が不足すると神経過敏になりふさぎこむ(鶏レバー、牡蠣、さんま、あさり)

4.葉酸が不足すると神経過敏、うつ状態、健忘症をおこす(鶏レバー、菜の花、枝豆、いちご)

5.ビタミンC,E,βカロテンの抗酸化ビタミンも大切(新鮮な果物や緑黄色野菜)

6.カルシウムが不足すると、イライラ・不眠などを引きおこす(牛乳、小魚、ひじき、みずな)

などなどヾ( ̄p ̄)

また、五月病にならないように、自分が熱中できるものに打ち込みましょう!!

スポーツや料理、読書などの趣味が刺激となって気分転換ができますヨ

どんな些細なことでも良いので、新たな目標や関心を見つけることが大切(*^^*)

そして、普段から自分の心をゆっくりと見つめ直す機会を持ちましょう☆





明日は営業しています☆

GWをのんびりし過ぎないように、明日は運動しておきましょう!!
[PR]
by j-fit__womens | 2010-04-30 17:32 | 健康

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな