J-FiT WomensFitnessGym

もうすぐお花見シーズンだ!!

本日は晴天なり!!

めちゃ気持ちイイですね~

花粉と黄砂はヒドイけど・・・・・・

我が家のシロちゃんも花粉のせいか、ウイルス性鼻炎再発(;_;)

昨夜、点鼻しようとしたら、嫌がって暴れて店長の手を爪でグサッ

それがまた血管にヒットで、血がピュ~って(泣)

今日はまだ少ししびれている。。。


可哀想なシロちゃん

早く良くなりますように(-人-)






さて、桜の開花予想も始まり、いよいよお花見シーズン到来!

関西の開花予想は3月25日とか。。。

店長も27日に夜桜見へ行くことになりました(≧▽≦)

そうと決まれば、頭の中は「お弁当は何作ろうかなぁ~」ばっかり(笑)



この時季は桜、桃、菜の花など色々な花が咲き誇り、見どころがいっぱいあります

それなのに、花見といえば桜の花見をさすのはなぜでしょう? 


それは、平安時代より花の代名詞になっているから(奈良時代は、花といえば梅や萩をさしていました)

平安の貴族たちは桜の花に心を躍らせ、桜を愛でては歌を詠み、宴を開いて楽しみました


また、農民にとって花見は豊作祈願の行事だったそうです(°~°)

古来より、田の神様は冬になると山へ行き、春になると里へおりると考えられていました

「桜」の「さ」は早苗、早乙女、皐月などと同じように稲や田の神様をさし、「くら」は神様の座る場所という意味で、春になっておりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜のもとで田の神様を迎えてもてなし、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていたそうです


やがて、江戸時代になると、春の行楽として花見が庶民の間にも広がり、酒を酌み交わす花見になっていったそうな・・・


三代将軍家光が上野や隅田河畔に桜を植え、八代将軍吉宗は飛鳥山を桜の名所にし、花見の場も増えました

そして、園芸が盛んなこの時代に品種改良が進んだことで、身近な場所で花見が楽しめるようになったそうです(*´ー`)


桜は華やかに咲き、散りゆく様も美しいものですが、花の見ごろは「花七日」と言われるほど短いもの

今年はどこでどんな桜と、どんなふうに出会うのか……お花見が楽しみですね(*´▽`*)
[PR]
by j-fit__womens | 2010-03-19 17:40 | その他

J-FiT 店長のひとり言
by j-fit__womens
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

レスリングの選手が1番
from Anything Story
女子バレー 2007関連..
from 女子バレーボール 竹下佳江 ..

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな